ご提案事例

霜柱が起きる法面の緑化(熊本県)

提案23

ご相談内容

切土法面に霜柱(15~20cm)が起こり、表土がボロボロと崩れます。当初設計の種子散布工で緑化が可能でしょうか。

現場地域:熊本県阿蘇市
土壌硬度:19~21mm
法面向き:北向き
pH:6.8
法面勾配:1割
標高:約200m

ロンタイが提案したこと

種子散布工では種子・肥料が霜柱により浮き上がり、流れ落ちて発芽不良を起こす恐れがありました。
植生マットであればシート・肥料袋部に種子・肥料がついているため、流出の心配が少なく確実な緑化が可能です。
そのため、種子吹付工からダブルロンケットアナコンダI-40に設計変更し、確実な法面緑化を実現しました。

施工地域

熊本県阿蘇市

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ