ご提案事例

部分的に侵食されやすい盛土法面の緑化(高知県)

ご相談内容

EPS工法(発泡スチロール土木工法)で造成した盛土が降雨により一部分が浸食されてしまう。当初の設計は種子散布であるが、被覆土が30cm程度しかない為、部分的に浸食されない工法を採用したい。

ロンタイが提案したこと

現地でも調査を行い、キルケットS型を提案致しました。この製品は浸食防止効果が非常に高く、施工も容易である為、推奨致しました。当現場は種子散布工と併用されるとの事でしたので、発芽した植物による製品の浮き上がりを防止する為に、先に製品を施工して頂くことをお願い致しました。

施工地域

高知県吾川郡いの町

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ