ご提案事例

硬質土壌の緑化(山梨県)

39.硬質土壌の緑化

ご相談内容

水路工事に伴い切土整形をしたところ、一部で硬質土壌が発生した。
通常の植生マットでは緑化するかどうか心配なので、適切な工法を検討してほしい。

ロンタイが提案したこと

硬質土壌である箇所の土壌硬度を測定したところ、29~31㎜の値が計測された。
その結果から、硬質土壌箇所に対し、植生マット「ダブルロンケットアナコンダI-40」では緑化が難しいと判断し、「シロクマットt-30」を提案したところ、採用して頂けた。
実際の施工では、土質の変わる箇所でダブルロンケットアナコンダI-40シロクマットt-30を張分けた。張分けがある程度容易にできる点も、植生マットの利点と言える。

施工地域

山梨県北杜市

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ