ご提案事例

湧水発生箇所の緑化(福岡県)

施工直後2施工後2ヶ月.3

 

ご相談内容

高速道路造成地の切土法面で、これまでは繊維ネット併用客土吹付工を施工し、緑化を行ってきた。
しかし、法面の一部から湧水が発生しており、吹付基盤材の流出が懸念される。
湧水発生箇所でも緑化出来る工法は無いか?

ロンタイが提案したこと

キルケット M-10を提案いたしました。キルケットシリーズの製品は、弊社の他の製品と比較して水に強い構造となっており、更に製品内を水が通る(排水機能を持っている)特長があります。
このような特長から湧水に対応出来る可能性があると考え、試験的に施工を行ったところ、湧水発生箇所でも順調な発芽生育が見られました。
尚、今回の法面は一部硬質な部分があったため、基材袋を装着したタイプであるキルケット M-10を選択しています。

施工地域

福岡県豊前市

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ