ご提案事例

国立公園内の法面保護(島根県)

国立公園内の法面保護

ご相談内容

国立公園内で作業道を建設しているが、外来種を使わずに法面保護をしたい。

ロンタイが提案したこと

侵食防止型植生マット「キルケットM5型種子無し)」を提案しました。
外来種を使わない場合は早期緑化が行えず、周辺植物の定着を期待することになります。
周辺植物がある程度定着して法面保護するまでには、中長期的に待つ必要がありますが、
それまでの間しっかりと法面の侵食を防ぐことができます。

施工地域

島根県大田市三瓶町

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ