ご提案事例

切土法面における在来種での緑化

ご相談内容

国立公園管内の切土法面にて在来種での緑化を希望している。

ロンタイが提案したこと

維持管理の観点から、木本類を除いた在来種で種子配合を設計しました。西洋芝と比べ初期成育に時間がかかるため、その間の侵食防止を目的としてキルケットM-5を提案し、採用して頂きました。

施工地域

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ