ご提案事例

セメント改良した盛土法面の緑化(大阪府)

提案21①

ご相談内容

セメント改良後の盛土法面を緑化したいのですが、適した工法はありますか?

法面状況
土壌pH:11前後
土壌硬度:27㎜前後

 

ロンタイが提案したこと

pHが8以上(アルカリ性)を示す場合、植物の生育を阻害する要因となるため、緑化が困難となります。
今回の場合は、製品の施工前に、特殊な中和剤の散布を提案させて頂きました。中和剤の散布を数回行い、
短期間でpHを8未満にしました。

その後、土壌硬度の数値に合わせた工法である「ロンケットエース」「シロクマットt-20」を提案し、採用して頂きました。

※施工写真(右)※
法面白い部分:ロンケットエース
赤丸で示した部分:シロクマットt-20

施工地域

大阪府枚方市

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ