ご提案事例

カキ殻を利用した強酸性土壌の緑化(島根県)

施工前、完了 施工後4ヶ月
施工後2年 施工後5年

ご相談内容

酸性硫酸塩土壌と思われる土質が現れたので調査してほしい。

ロンタイが提案したこと

現地調査の結果、H2OではpH5~6、H2O2ではpH3前後の数値が確認されたので、

酸性硫酸塩土壌であることが強く疑われました。

酸性硫酸塩土壌は徐々に強酸性になっていくという特徴があり、

初期緑化に成功しても将来的に衰退してしまうことがあります。

そこで、効果の持続する中和材を探していたところ、カキ殻にたどり着きました。

広島県産のカキ殻を植生マットに配合し、中長期間の中和効果を期待する工法を提案しました。

施工後2年までは酸性硫酸塩土壌部分の緑化が遅れていましたが、徐々に植生が持ち直しています。

施工後5年では全面緑化に成功しており、カキ殻による中和効果が得られ

法面緑化に成功した事例となりました。

施工地域

島根県 出雲市

地域別

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ