ロンタイNEWS

広島県長寿命化技術活用制度にシロクマットが登録されました

公共土木施設の老朽化が問題となる昨今、維持・修繕コストをいかに抑えるかが重要な
課題となってきております。

そこで、広島県では維持・修繕コストの縮減が可能となる技術の集積を図っており、
「広島県長寿命化技術活用制度」を設けております。

今回登録されたシロクマットは植生基材吹付に代わる工法です。
植生基材吹付では、基材が流出し、手直しが必要になったり、構造物を汚したりといった問題が
起こり得ます。

シロクマットはヤシシートが基材を保護しているため、基材が流出しにくい構造となっております。
この度、シロクマットの活用実績の多さと効果の高さが認められ、登録に至りました。

長寿命化技術活用制度HP(http://www.asset.pref.hiroshima.lg.jp/Tyoujumyouka.aspx#15
に掲載されておりますので、ご覧下さい。

広島県以外においても、土木施設の長寿命化に資する技術です。是非ご活用下さい。

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ