ロンタイNEWS

NHKのTV番組で森のタローをご紹介いただきました!

 

2021年12月20日(月)、NHK総合『ならナビ』「はじまりはいつも奈良」コーナーにて

植生マット「森のタローをご紹介いただきました!

 

奈良県吉野郡にある吉野製箸工業協同組合様の特集にて

森のタローを取り上げていただきました!

普段何気なく使っている割箸…実は奈良県の吉野がその発祥の地だったのです。

「吉野割箸」は明治時代より吉野産の杉や桧の間伐材を利用して作られています。

取材を受けた弊社社員も、とても良い香りだったと話しておりましたよ!

 

木々の生長や森林保全に欠かせない間伐。

そこで生まれた間伐材の大半は建築材などに加工されますが、

これ以上は建築材として使えないという端材を、何とか利用できないか、という発想から

「吉野割箸」は生まれたそうです。

まさに「もったいない」の精神から生まれた吉野割箸ですが、

その製造過程で出る木くずの木綿(もくめん)をさらに!!

有効活用したのが植生マット「森のタロー」です!

木綿は被覆材として、侵食防止・保水・保温効果があり、

土中の微生物により分解された後は、有機物として土壌環境を改善します。

木々の生長を促進し、森をより豊かにするための過程で生まれた間伐材が、

人々の暮らし、そして植物の生えていない法面に使用されることで、

また元の自然に還っていく…

森のタローはそんな循環型の法面緑化製品なんです!

 

最後に、見逃してしまった!!奈良県外なので見られなかった!!という方に朗報です(^^)

「NHK奈良放送局 ならナビHP」にて、今回の動画を視聴することが可能です♪

URLはこちら→https://www.nhk.or.jp/nara/program/001/naranavi_douga.html

 

是非ご覧いただけると幸いです!

 

 

 

法面緑化に関するご相談はロンタイへ

お問い合わせ